ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 進化 | main | ホルモンバランス定食 >>
2012.10.07 Sunday

もうアメリカ様には逆らえん!

こんにちは!

最近バタバタしてまったく更新しておりませんでした。

たくさんビューアップしていただいてるのにすいません。。。

いや〜〜忙しい!

忙しすぎて頭がおかしくなり、伊勢湾フェリーにキセルで乗船し尖閣諸島海域あたりで海に飛び込み

敵の「ハン級」の原子力潜水艦に足ひれ一つで体当たりしスクリューに巻き込まれ終了になりそうな勢いです。

しかし尖閣海域は依然、緊張が続き、なんと沖縄の嘉手納には

F22Aラプターに続き、アメリカのロッキード社の最新鋭垂直離陸ステルス機、「F35」が実戦配備されることが決まった!

F35とは自衛隊も購入予定の無敵戦闘機なんですがまだ米軍ですら実戦配備を本国でもしてないのに沖縄の嘉手納に最初に配備するって

相当この件に関してはマルキヤンヤンな状態です。

尖閣の下に眠る莫大なエナジーにはアメリカが興味ないわけがありません。


しかし、このどうしようもない事態に今の政府では心底心配です。

早いとこ政権交代してプロフェッショナル集団に任したいですね。


そして先日、自民党総裁選で安倍総裁が誕生!

以前、腸の病気で途中リタイアしましたが

またも総理を目指すとは相当の腹を括っていると思うので

ぜひ安倍さんには頑張ってもらいたいし期待しますね〜

結局維新の会も今じゃ訳の分からない状態になってるし

プロフェッショナルの安倍さんに頑張ってもらうしかない!

反日マスコミからは相当ネガティブキャンペーンをやられてますが

今度、自民が圧勝して安倍、麻生、石破さんの最強の布陣で挑めば難局もクリアできると思います。

完全に日本人VS反日勢力の戦いなのでぜひ安倍さんを応援したいですね!


さてさて話は冒頭に戻りますがそのやる気、元気、兵器!

のアメリカが様々な無敵に等しい兵器を開発中で

見てると、電磁波を使ったバリアーや電磁誘導式レールガンなど「誰と戦うんだ?宇宙人と戦う準備でもしとんちゃうか?」

と思えてくる代物ばかりなんですが

その中でも一番実戦配備に近いと言われるロンギヌスの槍ともいわれる宇宙兵器、 「神の杖」を開発、実戦配備も近いとゆう話でこれが半端なくえぐい!


どんなのかっていうと

宇宙空間のプラットホームに小型推進ロケットを装着した直径30センチ、長さ6.1メートル、重さ100キロのタングステン、チタン或いはウランの金属棒を搭載するという計画で、衛星の誘導で地球上のすべてのターゲットを攻撃することができるらしく

その金属棒を宇宙空間、地上から1000キロ離れた宇宙から発射。

急降下する際のスピードは時速1万1587キロに達し、ターゲットにぶつかる際の力は原子力兵器にも引けを取らず、一本のチタン棒が地上に落ちた時の衝撃波や熱量は核ミサイル以上といわれています。



この新型兵器は反応が速く、命中率が高く、防御不可能なもので、宇宙から撃ち落とされた後、大型建物群や地下数百メートルにあるターゲットを破壊でき、一本の槍が街を消滅させることもでき

しかも一発のコストは馬鹿安。





そりゃオバマさんも核兵器廃絶!なんて言ってましたが

コストがかかり、管理にも神経を使う、原爆はもう不要とゆうことっすね。


それにしても発表できたり報道を許す兵器って一説によると大分昔に開発したものだとかで

現在はもっと進んだ兵器を開発してるらしいのでそれもおったまげっすよね。

確かにBURTONですら発売してる新商品はすでに数年前に開発してたもので常に3年先に発売するもの作ってるんだから

アメリカ政府が開発する軍事技術なんてもっと進んでるに決まってるわね。


いやあそれにしても恐ろしい!


まさにAKIRAの「SOL」やラピュタの神のイカヅチ!

日本はこれは遅れをとってはいけないので

ガンダムとホワイトベースを真剣に開発し

自衛隊の次期主力戦闘機をコアファイターにするしかないです。

もしくはヤマトのコスモタイガー。

んん〜〜だめだな。アニメのSFものよりF22AやF35のほうがすでに強い。。。。

とはいっても何をしてもロンギヌスの槍でTHE ENDなのでアメリカ様には逆らえません!

ひれ伏すしか手はないぜ!

USA!USA!USA!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album