ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ライフタイムメカニズム | main | レジェンド オブ ラーメン >>
2013.03.24 Sunday

コスパ

 どーもどーも。

こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

私は先日まで台湾に行っておりました。

一日だけSURFINGをしてまいりましたが結構WINDYな日でいまいちながらも

とても楽しく貴重な波乗りをしてまいりました。

いや〜〜絶対近いうちもう一度行きたいっすね〜

しかし台湾は暖かい!

向こうのSURFER曰く、水が冷たいと言っておりましたが

日本から行ったSURFERならお湯に感じるほどのHOTな海水で

夏を感じる暖かさです。

天気のいい日なら3月でもタッパーでイケるほどの暖かさ。



白砂湾(パイサワン)


やっぱ台湾最高っすね。

飯うまい、暖かい、都会、優しい人ばかりで親日派ばかり。

親日パーセンテージはとても多いです。

これも先人たちが台湾統治時代にいかに台湾人に支持される統治をしてきたかってことですね。

外国で金使うならこうゆう国で使わないとね





その台湾に行く前の日に私の花粉症がマックスに到達マツモトになり


喉、鼻の痛み全開、目も耳もかゆく、目の周りは酒飲んだタヌ公のように赤くなり

鼻づまりで夜は眠れずとゆう馬鹿みたいな日が続き、

そんなフンカ―ドイヒー全開の中、一筋の光が・・・・

なんでも注射一本で花粉症がピタリと治るとゆう医者がカンナム市に存在するとゆうではありませんか!?


なんだその医者!?

まるでトキが次々に民衆の病を北斗神拳で治していった奇跡の街やんけ!?

早速、店を飛び出し、岩倉を超え、カンナム市にある奇跡の村へ。


そこでは一見アミバにも見える人相の実はトキなお医者さんが丁寧に副作用の話の説明を受け、

いざ注射へ。

尻に2発のマグナム注射を打ち込んでいただきそれで終了したのですが


その日の夜から鼻づまりがなくなり

なんだこのキセキぶりは!?

とうれしくなりそのまま台湾に行ったのですが

帰ってきて2日たったが名古屋に降り立ったときに

『・・・・な、なんなんだこのクリアな感じは・・・・』

鼻よし、目よし、のどよし!


頭痛に悩まされたテツオがラボから持ってきた薬を異常投与して

覚醒したようにすっきりしているではありませんか!??


春ってこんなに気持ちいい季節なんだとルンルンになってしまった!


この注射効きます。


医者の話だと、最低1年、大体3〜4年、もつ人は10年以上花粉症がなくなったとか。


花粉症とゆうかアレルギー反応を抑えるものなのでハウスダストや黄砂なんかもきくかもね。

詳しくわかんないけど・・・

しかしこれはいい。


現代医学の進歩はすごいね。

今まで、薬局に足を運び、薬を買い

病院に通い金を使い

とゆう生活が3月から5月までの長いスパンでおこなっていたので

注射2本(約1600円)のコスパは半端ない!

これ、この注射普及したら耳鼻科儲かんねーだろうなー!

いや〜〜いろんなことから解放されたぜ!

まあ薬には副作用は必ずあるのでそっちも若干気になるが


俺の場合、春の3か月は寝れないくらいの花粉症で朝起きると鼻血出しながら起きるような毎日だったので

これに比べりゃどうってことない。

一回も起きない睡眠を現在味わってます!


花粉アレルギーが酷い人はキセキの村で治療するのもいいかもね
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album