ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コスパ | main | 脳細胞の神秘 NO1 >>
2013.04.28 Sunday

レジェンド オブ ラーメン

 久々のレジェンドシリーズです。

近代の私の人間性を形成するのに大きくかかわったラーメン屋がありました。

名古屋市北部にあった伝説のラーメン屋、(名前は伏せます)

ここは半端なかった。



時系列で話を戻すと私がまだ20代前半にNZにスノーボーディング修行なる旅に出ていたころ

4人の勢いがやたらあるいわゆる「輩系」の日本人スノーボーダーがいまして

なんとなく意気投合して話をすると、みんな出身は名古屋だとゆうじゃありませんか。

それはそれは、とゆうことで帰国後もつるむようになったのですが

その中の一名、N氏はラーメン屋を営んでおり

どうやらそのラーメン屋がたまり場だったようでよくお邪魔するようになったのですが

このラーメン屋ってのが、けっこう美味く、真面目にやればチェーン展開とかできんじゃね?

とゆうお店だったのですがN氏がまったく商売っ気がなく、

お客さんもいつも少なくガランとしてる店内の割にバイトは5名ほどおり

なんと、営業中のお客さん待ちのウェイティングは客が座るテーブルで全員で酒盛りするとゆう

前代未聞のスタイル!

もちろん、私が行っても「ここ座ってよ!」と酒盛りの席に案内され

大ジョッキが切れることなく無料で出てくるとゆうとんでもない店。


夜も遅くなるとちらほら客が訪れて

お客さんが来るとスタッフ全員でコソコソ小声で酒盛りの席で言い合ってるので


何を言ってるのか聞いてると

「お前、行けよ」 「嫌っすよ、さっき俺行ったじゃないっすか?今度〇〇さん行ってくださいよ」

「はあ?嫌だ、お前行って来い」

そう言われた一番下のスタッフがふて腐れた顔で立ち上がり

「・・・いらっしゃいませ〜」とすんげえ不機嫌に注文取りにいくとゆう訳わかんない店で

その間のやり取りを終始見ている客は「・・・・・???」とゆう状態で

こんな店あんのか?と爆笑した覚えがあります。

もう普段から無茶苦茶を徹底しており

チャーハンなどの炒め物は火をつける際は足で点火し

顔の面白いお客さんがラーメンを食べてる姿を見てこらえきれず爆笑しながら注文の餃子を出すなどの徹底ぶり。

店の前では営業中に絶えずスケートボードをやっておりその前を歩く女性に声をかけナンパしたりと

意味わかんないスタイルでした。

店長がやたらイケメンだったのでそんなデタラメなナンパもすぐに成功し

ナンパされた女性たちがよく店に入ってきて

その営業中でも関係なく酒盛りする専用テーブルに案内されてみんなで飲み会になるとゆう

まじでメチャクチャな店でした。

酒の席が盛り上がってくると

まだ営業中なのに客が入ろうとすると

店長がバイトに

『早く、電気消せ!!』 と怒鳴り

客が入る瞬間に照明を落として帰させるとゆうパワープレイも連発。

もう今のご時世ならHPやぐるナビなどのサイトは大炎上確実な店でした。

たぶん、東京の環7ラーメンバトル街に出店したら2時間で閉店に追い込まれること確実!

一番笑ったのは

あるバイトが出勤時間になっても出勤せず、いつものように酒盛りしていると

店長が「あれ?あいつまだ来ねえな?」と何度も携帯に電話するが出ないので

オカシイと思い店長が外を見てたら

店のラーメン屋ののれんが風でヒラヒラと捲れると中に人影があり

その出勤しないバイトがビニール袋を咥えてシンナー吸ってるではありませんか!?

店長がそこで一喝。

「シンナーは家で吸え」

の一言で終わり、すぐに仕事させるとゆうとてつもなく面白いお店でした。

「ええ〜〜クビじゃないの?もしくはその日は帰らせないんだ」

と常軌を逸脱したスタイルで最高に笑った記憶があります。

最終的にはバイトの一人の彼女がネットワークビジネスを当時やっていて

そこが集合場所やミーティングルーム化されてしまっていたとゆう

もうハチャメチャ笑

いつも何かが起こる退屈しないショットバー感覚で

面白すぎてしょっちゅう顔出していたのですが

そんな状態で商売が続くわけもなく


案の定、その後、当然潰れた訳ですが

しかしその当時の店長、店たたんでから、

アルバイトから入った会社が成長しまくり

今やホールディング化された大企業の役員の一人となり

取締役まで上り詰めているので

そこまで徹底してメチャクチャだった人は仕事に火がつくと

徹底するんだな〜と感心してしまいます。

この前久々に会ったのですが激しく面白くイケメンなのは変わってませんでした。笑


しかしあのお店は伝説ですね〜

いったいなんだったのか。

採算はまったく取れてないはずなのですが

あの学園祭の屋台以下の商売っ気は半端ないです。

日本国内、飲食店ワーストランキングがあればいい線まで行くと思います。

今やNくんは相当持ってると思うので

もう一回やってくんないかな〜

パンチ効きすぎのラーメン屋。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album