ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いや〜〜最近忙しい! | main | ベトコンラーメン >>
2014.05.08 Thursday

SOFT POWER

 皆様

こんにちは!


まったく更新していませんでしたが

なぜだかここんところやたらアクセスがあるのはなぜか?


よくわかりませんが久々に開けたら少し焦ったので更新します!


いや〜〜最近は目まぐるしく世界情勢が動きまくってますが

そんな大きい視野をもって毎日を過ごしていたら私の毎日が火がつくような忙しさです。

私ごときの人型ロボットがやれ歴史がどうだや世界情勢がどうだとほざく前に今や毎日が手一杯に

なってしまっています。

とうとう大人の階段を上り始めたH2O状態になっているのであります。


先日までちょっとチュー国の方まで行っていたのですが

相変わらずエキサイティングな場所であることは間違いないのですが

今回改めてすごいな!


と実感したことは、日本のソフトパワーです。


皆さんご存知のように、あの国は

政府の意向でメッチャ反日教育を6.3.3の12年叩き込まれて

日本が超嫌いな人間を作り上げるのですが

そんな洗脳的な教育をされてきても

一部の人間を除くとそんな日本が嫌いな様子もないのです。

それはみんな幼少期から大人になった現在も毎日見ている大好きなアニメが日本のアニメなので

日本に親近感があり、日本に興味を抱く若者が多いんだとか。


このソフトパワーは半端ないですね。

アジア地域に波及してるのはもちろん、ヨーロッパ、アメリカ大陸、さまざまな国と地域で

アニメーションの影響が及んでるわけですから

こりゃすごいっす。

オタクが日本を押し上げてるってゆー現実はすごいですね。

私のようなアニメはガンダムとAKIRAで終了してしまった人間には

現在のアニメは何が人気なのかなどまったくわからないのですが

とにかく日本のイメージとは切っても切れないものらしいです。

麻生さんが昔、首相のころ、「漫画博物館」なるものを作る!

などと打ち上げ、予算も通るはずもなく、野党、メディアからコテンパンにやられて廃案になったものも

今考えたら実はあながち間違ってないかも?

と思ってしまうくらいです。

首脳会談をやってトップが握手する映像を配信するより

面白いアニメを一発放映したほうが日本にはプラスになるしね。

実際、日本のディズニー好きの人の多さも半端ないです。

ディズニーランドに行けば中年のババアからちびっこまで

キャラクターと遭遇した瞬間に発狂するほどの人気ぶりです。

ミッキーマウスなどがバックヤードからヒョコっと出てこようもんなら

発狂したディズニーファンは、カメラ片手にその辺にいるヨチヨチ歩きの幼児も蹴り飛ばして近づく勢いです。

強者になると、アトラクションには並ばず、ランド内の隠れミッキーを探したり

マイナーな不人気の可愛くないキャラクターにサインを貰いまくったりと

まったく理解のできない楽しみ方をしているらしいです。

これは付き添いの男性は非常に辛い!

女の子目線で逆で言うなら、初めてのデートの夕食での彼氏の会話がすべて宇宙誕生の話から、

月の裏側の異星人の宇宙基地論をツバキを飛ばしながら熱く語られるくらいキツイものがあります。

まあそれくらいディズニーをはじめアメリカの映画や音楽などが日本に浸透して日本人はアメリカに対して

親近感を覚えるわけで

戦時中にトムとジェリーを見させられたら

鬼畜米英!

と竹槍もった日本の子供たちは

たちまち「戦争中にこんなアニメ作ってる奴らに敵うわけがねーでくさ」

となっていたことは間違いなさそうです。

なんか台湾でもフナッシーが大人気だそうで

桃園空港にフナッシーを大勢のファンや報道陣が出迎えたとかやってたけど

笑ったけどすごいよね。

キャラクターの力は。

こうなったら岡島君あたりに「キヨッシー」とゆう清須市のキャラクターを作って中に入ってもらいたいですね。

後ろのイリュージョンチャックを開けてたまに清州の名酒、鬼殺しのパック酒を渡したりして。

ウマッシーー!と伸び上って叫んで後ろに倒れていきそうですけど笑


最近NEWSになってるシャブ中の小学校の校長が捕まったとかどうしようもない奴も中にはいますが

日本のソフトパワーや先進技術の土壌を作り出す日本人はすごいと思いますね。

 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album