ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< SOFT POWER | main | ゲルマン魂 >>
2014.05.20 Tuesday

ベトコンラーメン

いやあ

日中は日陰は涼しく、日が出るとジリジリ暑い!

こ、これはまさにHAWAIIの気候ではありませんか。

もうこんなくだりを何年もこの時期のブログに綴っています。

馬鹿じゃなかろうか私は。

さてさてみなさん、海行ってますかー!?

私といえば行ってます。業務形態が少し変わり店頭にはあまりいないので

自由な木の実気のまま木の実ナナ状態で生活しています。(ちゃんと仕事はしています)

いや〜〜明日の朝もいCHAO!

さてさて最近じゃチュー国がベトナム、フィリピンの排他的経済水域内で油田基地作っちゃったり

南沙諸島に滑走路作ったりとなにやらエキサイトしています。

まあチュー国からすれば、隋や唐の時代は東南アジア全域は俺たちの領土だったから返してもらうぜ

的な感じでフィリピン、ベトナムからしたら「何言っとるんだぎゃー、俺らの土地だみゃー」

と憤慨しているわけで1000年以上前のこと言われても知らんちやあ〜〜!となっている状態です。

もともと雲南省もベトナムの領土だったところをもぎ取られたみたいで

これ以上の南下を許すまじとベトナムも本気モード。

ベトナムと言えば誇り高きベトナム戦士のいる国です。

はっきり言って祖国侵入者には徹底抗戦する不屈の精神を持つ最強な奴らです。

なんて言ってもあの世界最強の軍隊、アメリカ軍のベトナム戦争介入を徹底抗戦で駆逐し追い出したとゆうとんでもない奴らです。

アメリカを駆逐しサイゴン(現在のホーチミン市)を陥落させた強者です。

アメリカ軍と言えば、アメリカ軍だけで世界の他の軍隊の2倍の数を同時戦っても勝てると言われる奴らを追い出すって

どんだけすげえんだっつー話なんですけど

まあ、アメリカ兵1人が戦死する間にベトナム兵数十人戦死する勢いだったんですけど

まったく怯まないベトコンたちにアメリカ軍もベトナムが赤化してももういいから撤退だガッテム!

となり終戦を迎えたのですが

それ以外にも第一次インドシナ戦争でもフランスを駆逐し勝利、

カンボジアにも勝利、

中越戦争でも中国に勝利するとゆう

ホーム戦、全戦全勝、更にロシアもベトナムには旧共産圏のよしみでロシアの最新鋭の武器などもジャンジャン投入しているので

こりゃつええっす。

しかもこの最強陸兵戦を叩き込んだのは

実は戦後に大東亜戦争敗戦後の日本には戻らず、ベトナムでホーチミンの直属の部下となりベトナム独立戦争を戦った日本人達がいたとゆうではありませんか?

加茂徳治とゆう元将校でそれ以外にエキスパートな旧日本軍エリート兵たちがアジア解放のために戦っていたらしく

その後、日本人30人の士官による陸軍学校(クアンガイ陸軍中学)を創設しここで日本軍のゲリラ戦、トラップの仕掛け方など


火力の少ない軍隊が如何に陸兵戦で有利に戦えるかを教え込んだそうです。

その結果がゲリラ戦最強の軍隊となったわけで

結局約300人の残留旧日本兵にはベトナムの国で外国人に与える最高峰の勲章を授与したらしいのです。

それが唯一アメリカに黒星をつけさせた礎になったのかはわかりませんが。

いやあ〜それにしてもつええっすね

なんかこんな事書いてるとすげえ戦うコンバットアーマーみたいな連中がたくさんいるみたいなイメージを持ってしまうかもしれませんが

国民性は非常に温厚で勤勉、治安も良く都市部の繁華街でも犯罪はスリくらいしかないらしいです。

間違いなく今後アジアの中心になっていく国なんだろうなといった感じですよね。

ASEAN、日本は関税0%などにして相当テコ入れしてますもんね。

ベトナム人の勤勉さなら数十年で爆発的な経済発展しそうですね。

来年あたりに行くと思うので今のうちからベトコンラーメンでも食いまくろう!

でもあの名称はベストコンディションラーメンなんですね

てっきりベトナムコンバットかと思ってましたww


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album