ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ビバ牙一族 | main | 自転車 >>
2015.05.20 Wednesday

WALL RIDE じじい

いや〜〜暑くなってきました。

海にコソコソ行く回数も増え、移動距離も半端なく長くなる今日この頃です。

しかし毎日の移動距離ってすごくある方なんですが

長く運転してるとそれなりに事故などに遭遇するパーセンテージはペーパードライバーの比にならないくらいあるのも事実。

先日、海の帰りに高速で飛ばして職場まで戻っている最中に

三車線の一番右を走っていると一番左の車線から白い軽がウィンカー出さずに車を縫うように車線変更してきて

一番右車線の私の目の前に割り込んできたと思ったと同時に

そのまま右の高速の壁に激突したんです。

車はすごい音を出して半ばウォールライド気味になりながらも元に戻ったのですが

私は急ブレーキをして減速したのですが

その軽自動車はタイヤバーストした状態で尚も走り続けてるではありませんか!?

これは尋常な頭脳を持った生命体ではないなと勘繰り

「こいつは、一時期一世を風靡した危険ドラッグ吸引ドライバーに違いない!」と

勝手に決めつけ左から抜き去り顔を見てやったら

なんと中には退化してヒヨコになりかけてるんではないか?と言わんばかりの

おじいちゃんとおばあちゃんが チョコンと座って何事もなかったかのごとく

二人とも前を向いて走り続けてるではありませんか?

その落ち着き様は、今から茶菓子でも喰いだすんじゃないかってくらい。

普通なら運転席と助手席で大騒ぎして慌てているようなクラッシュなのにです。

タイヤはバーストしてこのまま行ったら火を噴きそうな始末。

いんや〜〜これは考えさせられますね。

こんな何がどうなったかわかってない じじいやばばあが天下の高速道路を走っているんですから。

これ横転せずに持ちこたえたから私は急ブレーキで止まれましたが横転してたらそのままストライクイーグルのサイドワインダーのごとく突っ込んでました。マジで。

こうゆうのがコンビニに突っ込んで人殺したりするんだよね。

いやあ〜もうおじいちゃん、おばあちゃんは70歳過ぎたら、自動運転システムしか乗れなくするか

一か月に一度のテストしてからしか乗れなくした方がいい。


「そげんこつ言うたかて、離れた旧友に会いたいんじゃ〜!」なんて言ってるじいちゃんにはスマホ持たせて

ラインでビデオ電話でもさせておきましょう。

もしくは行った気になるようにドローン飛ばして隣町のじいちゃんの顔をドローンに撮影してもらえばOK。

しかし、自動運転システム。

前からこのブログでちょくちょく紹介してきましたが

なんと2030年ごろには新車登録台数の半分が自動運転システムになるらしいです。

すんげえ世界ですね。デモリションマンやん。

アメリカでも長距離トラックの自動運転システムのコンボイが

正式にアメリカの国道を走る許可を得て走り出したみたいだし

えらいこっちゃですね。

だから我々のおじいちゃんになった世界は、アテント装着しておもらしをしながらよだれをたらしていても

自動運転でどこへでも行けると思います。


すごい時代ですね〜

コンピューターに支配される日は近いですね。

しかし自動運転システムの先駆け的システムの運転支援システムは、実験してましたが

世界のメジャー自動車メーカーの中で唯一危険回避して完全停止できてるのはスバルの「I-SITE」だけでした。

その他欧州車メーカーの車は咄嗟の飛び出しにはすべて対応できずに跳ね飛ばしてました。

さすがMADE IN JAPAN。

素晴らしい


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album