ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TRAIN | main | のこぎりドローン >>
2015.07.14 Tuesday

ダイエッター

どうもこんちくわ

いやあ〜〜台風が来て、梅雨前線を押し上げて

梅雨明けか?

っつーくらい暑くなりました!

夏本番です!


先週岡島君の結婚式に行ってまりました。

いやあ〜〜結婚式って何度行ってもいいもんですね。

そんな中、私のようなミュータント的、犬DNAを併せ持つ最下層な人間が祝辞をやらさせていただけるとゆうことで

緊張の中、何とか無事話し終えることもでき非常によかったです。

彼もまた、手羽先をもぎ取られて飛べないヤンバルクイナになり下がりました。

独身の男性諸君!

羽根があるのは今のうちです!

できるだけ今のうちに遠くまで飛んで、いろんな事を学んでください!


いやあ〜〜めちゃくちゃ飲んだな〜〜〜

披露宴>>1.5次回バズーカ(新郎新婦不在のただの飲み会)>>二次会>>三次会

12時間飲み続けましたわ


しかし酷い二日酔いになる私が最近、まったく二日酔いにならなくなったんです。

ここ3か月、雨の日以外、毎日1時間をランニングしており、

代謝がいいのか、内臓脂肪がなくなり肝臓の動きが馬鹿みたいに当たりがではじめたのか

ベロベロに酔っても翌朝、ケロッとしているのです。

いや〜〜体を動かすって素晴らしい!

人間本来の機能が復活し始めている感じです。

実は私、冬に無茶苦茶、自身の体をビールと炭水化物過多でカスタムしてしまい、

めっちゃ太ったので

これはまずいぞとなり

4月頭くらいから気がふれたように走りこむ

サイコパスランナーになっているのです。

現在7キロ落ち、体が軽くなっています。

ほんと、ビフォア、アフターで写真を撮っておけば

CAN ZAPでも開いて一儲けできたはず。

いや〜詰めが甘かった。

ほんとに私はプリウスのような低燃費ボディなので

食べたらすぐエネルギーにならずに蓄電池に溜め込まれそこから少しずつ使われるとゆうなんとも進化した体なので

食べてもすぐにエネルギーになるアメ車のような体の人がうらやましいです。

しかし本当に太りやすい体質って

生命の長い進化の過程で生存率を上げるために進化した究極のハイブリッドな形なので

私はアメ車型の体よりもはるかに進化したDNAを受け継いだBODYだとゆうことです。

デブまたは太りやすい方々!

今は飽食の時代でデブは無用の長物のように扱われてますが

我々の進化したDNAは、

今後来るであろう地球の寒冷化に伴う大飢餓時代に備えるための体です。

『私〜たくさん食べてもガチで太んないんだけど〜〜』
『なんでそんなに太ってんの〜汗すげえし、ガチで』

なんて太りやすい人を小馬鹿にするナイスバディのモデル並み美女やスリム男子のDNAは

確実にプチ氷河期を超えられません。

今、結婚を考えてる相手が何を食べても太らない細身な人なら考えた方がいいです笑

私のDNAならビスケット一枚で2週間は過ごせるほどの低燃費。

まさにジュラ紀を終わらせた隕石の衝突と氷河期を生き抜いた野ねずみのようなタフネスなDNAを保有しています。

リッター100をたたき出すスーパーカブのような体です。

地球上に生き残るデオキシルボ核酸は、太りやすいハイブリッドな進化した我々の体のみ、

そのDNAが新たに地球上で繁栄することでしょう。

ビバデブ!

はっきり言って日本人の女の子が目指す理想の体型など、週刊誌、女性誌に踊らされた指標であり

そんな体を手に入れたところでメンズからはモテません。マジで。

台湾に行くと思いますが

台湾女性はよく食べるのでガリガリの女性はあまりいません。たぶん。

台北から帰ってくると日本の待ちゆく女の子って華奢だな〜と痛感します。


たぶん台湾女性くらいが日本人の男性も好きなんじゃないでしょうか?

でもダイエットを始めて思ったんですけど

細くなるのがうれしくてドンドンダイエットしようとゆう気持ちになるのわかる気がします。

私は走ってるだけで食事制限はほとんどしてない状態ですが

これ以上落そうと思うといよいよ炭水化物抜きをスタートさせなければ!

あと五キロくらい落として

テイクオフをもっと早くさせなければ!


太りやすい体質のみなさん!


やっぱ俺、痩せたいわ!

とりあえずまだまだしぼります。









 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album