ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 漢塾開校 | main | 今年の猛暑は 半端ないって >>
2018.05.05 Saturday

ウェアラブルの勧め

お久しぶりです!

 

久しぶりにもほどがありますが

なんとなく書こうと思い書き込んでしまいました!

 

いや〜〜秋から春先までは本当に忙しいです。

 

実は毎年こんな局地的に忙しくなる生活を毎年やっていると

 

なんで一年の内の3分の1の期間に集約しているんだ!バカなんじゃねーの?

 

と自問自答の日々を過ごしています。

 

ほんと、色々書こう書こうと思っては忙しくてやめての繰り返し。

 

目まぐるしく変わる世界情勢なんてスピードが速すぎます。

 

北朝鮮のミサイルが新宿上空に落ちるぞ!なんて言ってたと思ったら

 

何やら融和ムードで「もう核武装を放棄しまーす」なんて言ってるしね。

 

最近はTVつけると北朝鮮と韓国の話かTOKIOの話ばかりです。

 

しかし、TOKIOはきついですよね〜

 

結構好きだし、好感もてるし山口君なんて波乗りをすごい昔からやってるし

 

応援したいんだけど、未成年強制わいせつとかついちゃったらマジで復帰厳しいですよね〜

 

しかし今回の件は、完全OUTかもしれないですが

 

 

これって一般人にも十分当てはまる怖い話ですよね。

 

私などはもうそんなシチュエーションは無いにしろ

 

独身でブイブイ遊んでいる人なんて酔っぱらって合意の上で。。。

 

なんて情事の後に

 

「この人に無理やり、、、」なんて警察に駆け込まれたらかなり面倒くさく、わけわからない冤罪になるかもしれません。

 

そんなんで慰謝料請求なんてされた日には、財布の奥にあるフーセンガムの当たり券くらいしか出てきません

 

確かそんな話ほかにもあって話題になったよね?

 

# METOOとか最近よく聞きますが本当に被害にあっている人たちなら十分わかりますが

 

微妙な関係だと男も末恐ろしい時代になります。

 

痴漢の冤罪にしろなんにせよ、証拠がすべての時代に突入しています。

 

車の事故だってドライブレコーダーがあればすぐに証拠として出せるので

 

自分の行動をすべて録画する

 

ライブレコーダーを装着するしかありません!

 

もちろん、GOPROを額にくっ付けて日々の生活をすべて録画!

 

録画されてることを嫌がる周りの人もいるので録画中とゆうロゴをカメラ付近に張り付けて日々を生活したらどうでしょうか?

 

言った、言わないなどの証拠から

 

すべての出来事まで録画しちゃいます!

 

もめ事が起こった際に「おみゃーこれ見てみやーてー」とウェアラブルカメラを提出すれば

 

すべての冤罪も晴らせます。

 

さらにその画像をリアルタイムでオンラインでヴァーチャルゴーグルを他人がつけて他の人の生活を楽しむとゆう

 

サービスを提供したら

 

録画する人も儲かるし、俺はもっとアクティブな趣味を持つモテモテ敏腕証券マンになりたい!なんて引きこもり君も

 

あこがれる人の生活を疑似体験できます。

 

 

 

 

これはすごい!

 

世の男性は自信に満ちた野郎どもは、額にGOPROをつけ颯爽と街を歩き、高級車に乗り込み

 

引きこもり男性はヴァーチャルゴーグルをつけて4畳一間の万年床で布団に包まりみかんをほおばって

 

他人の人生をおすそ分けしてもらうとゆう

 

勝ち組、負け組を完全に線引きできるシステムです。

 

 

アイドルの日常やトップアスリート試合中のGOPROにシンクロなんて一日、百万単位の額の支払いでもアクセスが殺到!

 

またスリリングで豪快な人生を送っている人などはアクセスが集中!

 

ユーチューバ―ならぬウェアラブラーが人気の職業に!

 

 

これは儲かるかもしれません!!

 

この通信サービスはあと数年で3兆円産業くらいに成長する予感がしてきました!

 

しかもすごいスクープ映像があったときにYOUTUBEで再生回数でも儲けられて

 

一石二鳥。

 

アプリケーション作るしかない!

 

いや、アップリケくらいしか縫えねえ〜

 

そんさん、ジャックマーさん、もしくはIT関連の皆さまどうでしょうか?

 

エベレストのようなコンプライアンスを乗り越えなければいけませんが。。。。

 

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album